出会アプリは本当に出会えるのか?

出会アプリ攻略法
出会アプリを利用する時に、出会アプリは本当に出会えるのかどうか気になります。
もちろんそのサイトが悪質サイトであれば、出会いそのものが存在しないので出会えるはずがありません。
ではちゃんと下調べをして、優良の出会アプリに登録する事が出来たと仮定しましょう。
その場合出会えるのかというと、いくつかのハードルをクリアしなければいけません。
まずそのサイトにはあなたの好みの女性がいるかどうか?
出会アプリに登録している女性のタイプは、似たような人が集まる傾向があります。
そのため好みのタイプの女性が多く登録している場合はチャンスが多いのですが、好みのタイプが全く登録していない場合もあります。
また好みのタイプがいても、出会いの目的が異なっていれば出会えません。
そのため自分が何を目的に出会いを求めているのか、ちゃんと明確にしておきましょう
そして好みのタイプで目的が同じ相手であっても、出会える保証はどこにもありません。
なぜかというと、自分が好みだと思っていても、相手が自分を好みのタイプだと思ってくれるかどうかが重要だからです。
好感度を持ってもらえるためには、どんなメールを書けばいいのか?
どんなプロフィールを作成すればいいのか?
そしてタイミングを間違えずに、メルアドや写メ交換、そしてデートに誘えるかどうか?
出会うためには、いろんな条件が揃わなければ出会う事が出来ません。
ただ、出会いのチャンスは出会アプリにあります。後はそのチャンスを生かすも殺すもあなた次第です。
チャンスを生かす事が出来た人だけ、出会アプリで出会う事が出来るのです。

何を基準に相手を選ぶのか?

出会い系サイトに登録している人の数はたくさんいますよね。
登録したサイトには、たくさんの人のプロフィールが作成されています。」
そのプロフィールを見て、何を基準に相手を選べばいいのでしょうか?
そんなの自分の好みのタイプを選べばいいと思うかもしれません。
もちろん、そうなのですが、一番重要な外見に関しては女性はほとんどプロフィールに貼り付けていません。
それはそうです。不特定多数の人が目にする出会い系サイトのプロフィールに自分の画像を載せるのは無防備すぎます。

そのため条件で相手を絞り込む事になります。
会う事を前提とした相手ですから、会える場所に住んでいる事は必須条件です。
それから、外見では顔は分からないけれど、体型はある程度分かります。
背の低めの男性なら身長は自分より低い方がいい、女性はヒールを履くからそれを考慮すると160?以下の人がいいと思うかもしれません。
また女性の髪の長さはロングで黒髪がいいという人もいるでしょう。
それなら内面では、共通の趣味があった方が共通の話題がありますし、また付き合ってからもデートが楽しめそうですよね。
また地元が同じ人なら地元トークが出来るかもしれません。
血液型の相性は必ずしも当たるとは限りませんが、A型の人が好きだとか、B型の人とは相性が悪いとか気にする人もいるでしょう。
そういうふうに、プロフィールの条件の中で、これだけは譲れないという条件で絞り込んでいきます
ですがあまりに理想が高すぎれば、その相手に選んでもらう事は難しくなります。
つまり自ら難易度が高い状態にし、出会い率を低めているのです。相手選びにはある程度の妥協は必要だと思います。

ネットの出会いが増えすぎて

ネットの出会いネットの出会いがもはや当たり前になりつつある時代です。
出会いが増えたというのはとてもいい事に思えます。
しかし同時にそれだけ日常の出会いが減ってしまったと言えるのではないでしょうか?
そもそも出会アプリを利用するのは、日常生活で出会いがないからです。
ですが、そう考えると昔の方が出会いなんてなかったはずです。

自宅の家電の番号を聞くのを大げさで聞きにくくても、携帯の番号やメルアドなら聞きやすいですよね。
女性の社会進出によって、どんどん女性も社会に出てきているので、出会いそのものは本来増えているはずです。
しかし出会いがないと感じてしまうのは、それだけ人間関係で距離を作る人が増えたからだと言えるのではないでしょうか?
例えば昔は職場恋愛で結婚する人は多かったのです。
もちろん今もいないわけではありませんが、かなり減っているでしょう。

なぜかというと、職場の相手に手を出すとすぐに噂になって周囲の人に知られてしまったり、別れた時に気まずいからです。
そんなリスクを犯したくないからこそ、職場の人は恋愛対象外と出会いから排除してしまっているのです。
また親戚づきあいなども減り、お節介な親戚のおばさんが結婚相手を紹介してくれるという事もなくなりました。
選択肢に結婚をしない生き方が加わった事で、結婚を強制的に行われなくなったため、出会いにも消極的になったのかもしれません。
ネットの出会いは切りたくなったらいつでも切る事が出来るから気楽である。
そんな理由でネットの出会いを求めているのだとしたら、少し寂しい話ですよね。

出会い系サイトと犯罪性

殺人事件が起きて、殺人犯と被害者がどうやって知り合ったのか?調べていくうちに出会い系サイトで知り合ったと分かる。
その事が報道されると、出会い系サイトを利用するのは怖いという気持ちが生じますよね。
しかし被害者の方も出会い系サイトで知らない人と出会うなんて、警戒心がなさすぎると非難される事もあるかもしれません。
ですが、それは間違いです。殺人犯は怨恨ではなく、愉快犯である場合、殺す相手は誰でもいいのです。
夜道を歩いていて、たまたま目に入った人でも、出会い系サイトで知り合った相手でも、ただ運が悪かったとしか言いようがありません。
ただ、出会い系サイトの犯罪性はそれだけではありません。
たまたま出会い系サイトを利用した人が被害者となる場合は、避ける事は困難です。
ですが、そうではなく、自ら行っている行為が犯罪である事を知った上で、犯罪を犯している人も少なくありません。
援助交際なんてまさにそうです。
もっとも援助交際は、お金を払ってセックスをしたい、セックスでお金を稼ぎたいという男女が出会っているわけですから、本人の勝手。
犯罪だけど、誰かを傷つける行為ではないため、気軽に手を染めやすいのです。
また同様に18歳未満の相手とセックスをする行為も犯罪です。
しかし18歳の女性を性欲の対象にする事は男性としては珍しい事ではありません。
もちろん政府も出会い系サイトで犯罪が行われている事を放置しているわけではありません。
法規制によって18歳未満の利用者は利用出来ないようにし、また援助交際の相手探しに利用する事は禁じています。
ただ禁じたところで、やる人は隠れてこっそりとやっているのが現状です。